Everything OK

旅したり美味しいもの食べたい

筋トレで鬱は治るのか

1年前くらいからTwitterでは「筋トレをしないから鬱になる。」というような声を聴くようになった。Twitter界隈ではtestosteroneさんが有名だと思う。『筋トレが最強のソリューションである。」といった本も出版されて、現在ではこの関連書籍も多数出ている。

twitter.com

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

メンタルがボロボロ…仕事がうまくいかない…痩せない…モテない…
人生のほとんどの悩みは筋トレで解決します! 
筋トレがもたらす気分高揚効果と成功体験の積み重ねは必ずあなたの人生を変えていきます。

 

本が出版された当時、心療内科に通い続けていた私はこの本を読んでから筋トレをする目的でスポーツジムに入会した。そこから薬を飲み続けながら筋トレをするためにひたすらジムに通い続けた、最初のほうは気持ちが明るくなっているかな?よくなっているかな?と思っていたが冬になるにつれてどんどん身体が重くなり、筋トレの限界を感じるようになってきた。鬱状態をなんとかしたいからジムに行くのだが、上手く身体が動かなくなってくるとジムに行くのも一苦労だ。ジムに行ったとしてもそこで疲れ切ってしまう。HPの最大値が3分の1以下になったような感覚なので寝ても寝ても回復しない。10月、11月と働いた帰りにジムに行こうとするが既に体が殆ど動かなくなり結局年末には入院をすることになる。鬱が軽い状態の時には筋トレをすることが出来るかもしれないが、そもそもメンタルがブレイクした人間が筋トレを始めることは赤子が逆立ちをしながらミルクを飲むような行為で到底不可能だと思う。ここ最近のネットは未だに筋トレブームで(健康志向なのはいいことだと思う)鬱の人は運動が足りないとか色々言う人がいるけれど、こればかりはなってみないとわからない。そもそも根本的に身体が動かないのだからどうしようもない。そういう人達が死なないで生きてるだけでもだいぶ偉い。僕もバイトを辞めた後の3カ月くらいは24時間のうちの半分以上をひたすら寝て過ごしていたけれど、起きている時間が苦痛だからひたすら寝て過ごしていた。ちなみに寝ているだけなのも、相当苦痛だ。今になって思うことは鬱状態真っ最中の時の自分に足りなかったのは生活リズムだったと思う。常に寝ているので生活リズムも滅茶苦茶で食事も2日1回まとめて食べたりしていた。筋トレをすればメンタルの調子が改善するというのはもっと先の話で、まずは毎晩寝て、毎朝気持ちよく起きて、それで昼間は少しだけ働いてみたり、遊んでみたり、色々してみればいい。鬱の人は普通の人の半分も元気の力がないから外に出て行動するだけでも偉い。僕も病院に行った日の翌日はひたすら寝て過ごしていた。

 

やっぱりサウナだ。サウナに行けば鬱が治るかと言われたら別にそうだとは思わない、しかしジムに行って身体を動かす労力と比べると遥かに簡単に効果を感じることが出来ると思う。筋トレ以前に鬱の人に必要なものは正しい生活習慣だ。正直ここ数週間、冬に近づくにつれて少しずつ体調が毎日悪くなっているのを感じているがなんとか生きていて朝にしっかり起きれているのはサウナのおかげだと思う。よし、サウナに行くぞ。

 

www.mukadontyan.com