Everything OK

旅したり美味しいもの食べたい

月曜日の次は火曜日

火曜日になってしまった。月曜日の次は火曜日である、これは僕が20年間生きてきて確信したことである。火曜日はなんだか不思議な日、月曜日の緊張感が抜けて中だるみしてしまう。そのせいか知らないけど火曜日一限の授業の出席状況が出席1回欠席5回となっている。昔の大学は大学に行かなくても期末一発などで単位が取得できたらしいが、今は違う。どっかの偉い人が余分な事を言ったせいでダイガクセイと呼ばれる生き物は最低でも3分の2のコウギと呼ばれるキョウジュのライブに出席しなくてはいけない。学期ごとの授業回数は基本的に15回だ、つまり欠席回数5回の私は欠席出来る権利というものを失ってしまった。もう休めない、というか4月の2週目以降その講義に参加してないわけだから何が行われているのかもわからないし、興味もない。そんな中でも私は明日の1限に参加しようと思っている。睡眠時間も取らずに明日の1限のことを考えて、気合を入れている。キョウジュの顔もわからなければ使う教科書もわからない。そもそも先週は3限にも行ってないわけで3限の課題もやってないことを思い出した。そして、4限の課題もやっていないことを思い出した。3限の課題はレポート系だから大丈夫だ、キョウジュが納得するような文章を書けばいいだけだから余裕である、問題は4限だ、これはさっぱりわからない。もう寝てしまおうかレポートをやるべきかわからない。そもそもこのレポートをやって何になるのだろうか。考えてもわからない、多分みんなもわからないんだろう。わかっているひとなんていないのかもしれない。なんとなく大学に来てなんとなく学んでなんとなく遊んでるんだ。きっとみんなもそうなんだ、なんでそんなことをしているのか考えてはいけないんだ。余分な感情を捨てたほうがいいんだ。きっとこのレポートというものも訓練なんだ。社会に出て余分なことを考えないように今から訓練及び調教をされているのだ。これでいい、これでいい・・・コレデイイ・・・・・コレデイイ・・・・・。