Everything OK

旅したり美味しいもの食べたい

パワプロアプリをやってみた話

僕は小さい頃夢中になってパワプロクンポケット6を遊んだ。

それからも続編のDSのパワポケシリーズは楽しく遊んだが一番夢中になって遊んだのはパワポケ6だった。

パワプロクンの面白いところはサクセスにある。自分でストーリーを進めながら一人の選手を作っていき、途中で発生するイベントを乗り越えながら自分の理想の選手を作る。

今思えば小学校低学年の自分が作った選手は大して強くないかもしれないが、自分で色々な選手を作るのが好きだった。最低でも補欠含めて5~6球団が出来るくらい真剣に選手を作っていた。(友達がいなかったからひたすらゲーム内に架空の友達を作っていたのかもしれない。)

 

最近、Twitterでフォローしてる人達がパワプロアプリをやっているのをよく見ていたので気になっていたパワプロアプリをiPhoneに入れてみた。

その感想を書こうと思う。

 

操作性は良い、投げるにしても打つにしても遊びやすくできていると思う。CPUのレベルは少し低めだと感じたが難しすぎるとライトユーザーが離れると思い、今のままでいいと思った。(初プレイでも甲子園決勝まで行けましたが決勝であっさり負けました。虹谷君強いですね。)

 

しかし、このゲームをこれ以上続ける気にはなれなかった。

まず、ゲームのサクセスを進めるうえで欠かせないイベントがガチャを引いたキャラで構成されていくという事。要はガチャで強いキャラを引かないと強いキャラが作れない。これでは無課金はいつまでたっても強い選手が作れない、せいぜい一つの分野に特化した選手を作ることくらいだろうか。

自分が昔ゲームボーイアドバンスで遊んだようなパワポケパワプロアプリに求めたのがそもそもの間違いなのはわかる。

しかし、最近の国産スマホゲームは殆どが「ガチャ」のシステム中心に成り立っている。確かにガチャのシステムが出たおかげでもっと遊ぶためには課金をする必要があり、強くなりたい、もっと遊びたいユーザー達は課金するようになった。

 

私達はガチャのシステムに慣れ過ぎてしまったのではないだろうか。強くなるためには課金が必要という先入観を植え付けられてしまったのではないだろうか。

本来ゲームの勝敗というものはやり込みや僅かな運の差で勝敗が決まるべきであると思う。私が好きだったゲーム、パワポケは自分が時間をかけて一人の選手を育てて、たまにダイジョーブ博士が出てきてドキドキしながら結果を待つ、そして可愛い女の子の尻を追いかけながらなんとか彼女にして、野球をして自分の理想の野球選手を作るシミュレーションゲームだ。私は小学校低学年の時点で既に6人もの女を"落とす"技術を身につけていた。恋愛マスターにしてくれたのもパワプロだ。(ゲームの中でマスターしただけでした。)

 

 

私はこのガチャシステムに警笛を鳴らしたい。このままだと日本の小中学生は勝つためにはお金を出せばいいと思い込んでしまうようになる。違うんだ、本来あるべきゲームの姿は両者が同じ土俵に立ち与えられた上でバトルすることだ。平等に裸で相撲をするのがいいのに、無課金は裸、課金者はマシンガンやハンマーを持って土俵に上がることになっている今、無課金は課金者に勝つことを諦め、無課金なりに細々と遊ぶ選択をしている。

 

しかし、ゲーム会社は頭がいい。定期的に、鯉に餌をやるかの如く少しずつユーザーに有料アイテムを配布する。無課金の人はそのアイテムを必死にかき集めてガチャを引こうと必死になる。ガチャでハズレが出る確率のほうが高いから、ハズレが出ても無課金は何も考えないが、アタリが出ると大変なことが起こる。今まで自分の事を馬鹿にしていた課金者たちが羨むレアなキャラが1人でた瞬間、無課金の人でもヒーローになってしまう、フレンドからは頼りにされて、課金者からは妬みの声が上がる。友達がみんな自分のリーダーに設定したキャラを使ってくれるので自分も得意気になってしまう。

 

しかし、スマホアプリ(特にガチャシステムがあるもの)の変動は早い。1か月もすれば""新キャラ""が導入されてしまう。今までよりも、更に強いキャラが出てくるので今持っている最強のキャラは最強ではなくなってしまう。次第に他のプレイヤーがそのカードを当てて、今まで自分を使ってくれていたフレンドたちは違うプレイヤーのもとへ行ってしまう。無課金の人は新キャラのためにガチャを引きたくなってしまう。人間の心理を巧みについた戦術だ。一回甘い汁を吸った人間はその味を忘れることが出来ない。また、あの時みたいに強いキャラを引いて仲間から頼りにされたい、強いキャラを作りたい。こうなってしまうともう課金への道まっしぐらである。無課金でも出たという根拠のない自信を胸に秘め、コンビニでiTunesカードを購入した後の課金者は沼に入ってしまう、一度課金をしたからにはせっかく課金したんだから・・・といいなかなかそのゲームから離れることが出来なくなってしまう。立派なゲーム会社に金を運ぶ犬の完成である。

 

私は別に課金がいけないとか、悪いことだとかいいたいわけではない。

ただ、今のゲームは不健全だと思う、あまりにもガチャのシステムがゲームの大半を左右するために動いている。

 

 

勿論、無料で遊ばせてやってるくせに何を言ってるんだ、無料なのがおかしいくらいのクオリティだから課金しているんだぞ!という声もあると思う、実際に無料で遊べて楽しいと思ったからパズドラやclash of clans、Hay dayなどに少しずつお小遣いの範囲内で課金をしてきた。確かにゲームを作る人件費、サーバー代、サーバーの維持費、広告代・・・などのことを考えるとゲーム会社も回収しなければいけない、もっというと次のゲームの開発のために黒字にしなければいけない。ゲーム会社もボランティアじゃないから必死なのはわかる。

 

課金をして気づく、ガチャのシステムはあまりにも残酷である。次から次へと登場するキャラクター、新たな敵。そしてはじまるイベント。

忙しい、もっと落ち着いてゲームがしたい。

そんな私にはガチャのないゲームでのんびりやるのが向いているのかもしれない。

ツムツムやパズドラのガチャで一喜一憂するのに疲れてしまった。

そしてパワプロにお別れを言いながら各アプリをアンインストールした。